映画とは、退屈な部分がカットされた人生である。

サー・アルフレッド・ジョウゼフ・ヒッチコック(Sir Alfred Joseph Hitchcock, KBE, 1899年8月13日 – 1980年4月29日)は、イギリスの映画監督、映画プロデューサー。1939年からはおもにアメリカで活躍した。スリラー映画で成功し、製作・脚本・編集・美術も手がけた。サスペンス映画の神様とも称される。

関連のある名言

  1. まだ笑うことが出来る限り、彼はまだ貧乏ではない。
  2. 映画の長さは人間の膀胱がどれだけ我慢できるかということと直接関係させるべきだ。
  3. 私は役者が畜生だとは云ったことはない。しかし全ての役者は畜生の様に扱うべきだと云ったことはある。
  4. 長編フィクション映画では、監督が神であり、ドキュメンタリー映画では、神が監督だ。
  5. 乗るべき汽車の時間に間に合うかどうかと必死に駅に駆けつける。これ、サスペンス。 フォームに駆け上がり、発車間際のその列車の ステップにしがみつく。これぞスリル。ああよかったと一安心して座席に落ち着き、ふと考え直してみるとこれは違う列車だった、自分の乗る筈のではなかった、と悟る その一瞬がショック。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong> <img localsrc="" alt="">