物事がうまくいったときは、“これは運がよかったのだ” と考え、うまくいかなかった時は“その原因は自分にある” と考えるようにしてきた。つまり、成功は運のせいだが、失敗は自分のせいだということである。

松下幸之助(まつした こうのすけ、1894年〈明治27年〉11月27日 – 1989年〈平成元年〉4月27日)は、日本の実業家。
パナソニック(旧社名:松下電器産業、松下電器製作所、松下電気器具製作所)を一代で築き上げた日本屈指の経営者で、経営の神様とも、関係者からは社主とも称された。
自分と同じく丁稚から身を起こした思想家の石田梅岩に倣い、PHP研究所を設立して倫理教育に乗り出す一方、晩年は松下政経塾を立ち上げ政治家の育成にも意を注いだ。

関連のある名言

  1. 素直な心になるところにこそ経営のコツを得るコツがあるといっても決して過言ではない気がしています。
  2. 経営がうまくいくのもいかないのも、国がうまくいくのもいかないのも、外部ではなく内部に原因がある。
  3. 人は何度やりそこなっても、 「もういっぺん」の勇気を失わなければ、かならずものになる。
  4. いろいろ問題のあることがむしろ望ましい。経営者としては瞬時も休めるときがないという時代こそ、生きがいを感じるときである。
  5. 大事なことは、他人の評価もさることながら、まず自分で自分を評価するということである。自分のしたことが、本当に正しかったかどうか、その考え、そのふるまいに本当に誤りがなかったかどうか、素直に自己評価するということである。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong> <img localsrc="" alt="">