文明が進むにつれ、詩は殆ど必然的に衰退する。

トーマス・マコーリー(Thomas Babington [or Babbington] Macaulay, 1st Baron Macaulay、1800年10月25日 – 1859年12月28日)はイギリスの歴史家、詩人ならびに政治家。エディンバラ選出のホイッグ党下院議員だった。ホイッグ史観(現在の視点から過去を判断する態度)を代表する人物であり、マコーリー著『イングランド史』は、今でもイギリスで最も有名な歴史書のひとつである。

関連のある名言

  1. 人々を幸福にすることを望み、そして、どうすれば人々を幸福にできるかを知っているのが、最良の政府だ。
  2. 芸術は常に孤独から新たに生まれるものでありながら、その働きは人々を結び付けるのです。
  3. 世の中で成功を収めるには、馬鹿のように見せかけ、利口に活動することである。
  4. われわれは友人なくとも生きていける。 けれども隣人なしには生きていけない。
  5. 仕事とは、人生に味をつける塩である。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong> <img localsrc="" alt="">