この道が果たして良いのか悪いのか、思案にあまるときもあろう。しかし、所詮はこの道しかないのではないか。

松下幸之助(まつした こうのすけ、1894年〈明治27年〉11月27日 – 1989年〈平成元年〉4月27日)は、日本の実業家。
パナソニック(旧社名:松下電器産業、松下電器製作所、松下電気器具製作所)を一代で築き上げた日本屈指の経営者で、経営の神様とも、関係者からは社主とも称された。
自分と同じく丁稚から身を起こした思想家の石田梅岩に倣い、PHP研究所を設立して倫理教育に乗り出す一方、晩年は松下政経塾を立ち上げ政治家の育成にも意を注いだ。

関連のある名言

  1. 商売とは、感動を与えることである。
  2. 恵まれた生活も結構だし、恵まれない暮らしも結構、何事も結構という気持が大切だと思います。
  3. 自分には、自分に与えられた道がある。広い時もある。せまい時もある。のぼりもあれば、くだりもある。 思案にあまる時もあろう。 しかし、心を定め、希望を持って歩むならば、必ず道は開けてくる。深い喜びも、そこから生まれてくる。
  4. 大事なことは、他人の評価もさることながら、まず自分で自分を評価するということである。自分のしたことが、本当に正しかったかどうか、その考え、そのふるまいに本当に誤りがなかったかどうか、素直に自己評価するということである。
  5. 人は何度やりそこなっても、 「もういっぺん」の勇気を失わなければ、かならずものになる。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong> <img localsrc="" alt="">