礼儀は賢いことであり、非礼は愚かなことだ。 非礼を不必要に気ままに行うことによって敵をつくることは、わが家に放火すようなものだ。

アルトゥル・ショーペンハウアー(Arthur Schopenhauer, 1788年2月22日 ダンツィヒ – 1860年9月21日 フランクフルト)は、ドイツの哲学者。
世界は自己の表象であり、世界の本質は生きんとする盲目の意志であるとした。主著は『意志と表象としての世界』(Die Welt als Wille und Vorstellung 1819年)。
またアフォリズム的な文体によるエッセイでも知られる。知性よりは意志を強調したその哲学は、のちの生の哲学、実存主義の先駆と見ることもできる。終生独身を通し、また無神論者でもあった。

関連のある名言

  1. 富は海水に似ている。飲めば飲むほど喉が渇く。名声についても同じことが当てはまる。
  2. 結婚とは、男の権利を半分にして義務を二倍にする事である。
  3. 信仰は愛のようなもので、強制することはできない。
  4. 強い人間は自分の運命を嘆かない。
  5. 推理する能力を持っている人はたくさんいるが、判断する能力を持っている人は少ししかいない。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong> <img localsrc="" alt="">