人にとって最も恐ろしいのは、惰性で日を送ることである。向上心があれば、飽きることがない。

西堀 栄三郎(にしぼり えいざぶろう、1903年(明治36年)1月28日 – 1989年(平成元年)4月13日)は、日本の登山家、無機化学者、技術者。従四位。

関連のある名言

  1. 人の一生は曲がり角だらけだ。
  2. 人間がこれだけはと思いきったことに十年しがみついていると、大体ものになるものだ。
  3. 貧乏と、屈辱と、嘲笑と、そして明日の望みのなくなったときこそ、はじめて我々は人生に触れるのだ。
  4. 心に傷をもたない人間がつまらないように、あやまちのない人生は味気ないものだ。
  5. この世で生きてゆくということは、損得勘定じゃあない。短い一生なんだ、自分の生きたいように生きるほうがいい。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong> <img localsrc="" alt="">