人間の心は目や表情にも表れるが、後ろ姿にはっきり表れることを忘れてはならぬ。人は後ろ姿について全く無意識だ。そして何気なくそこに全自己を表すものだ。後ろ姿は悲しいものである。

亀井 勝一郎(かめい かついちろう、1907年(明治40年)2月6日 – 1966年(昭和41年)11月14日)は、昭和期の文芸評論家。

関連のある名言

  1. 女性が弱いというのは嘘である。 世の中に何が強いと言って、無神経な事ほど強いことはない。
  2. 絶望は人生に必ずつきまとうものだ。 絶望しないような人間はある意味で頼りない人だといえる。 なぜなら小さな自己に満足し、なんらの努力も考えごともしない人に、絶望は起こりえないからだ。
  3. 女性は処女性をもっても、魔性をもっても、男性を征服することは出来ないが、ただ母性をもってのみ征服することが出来る。
  4. 自分の能力は自分で使ってみなければ、わからない。
  5. 愛が信じられないなら、愛なしで生きてごらん。世の中が信じられないなら、世の中を信じないで生きてごらん。人間が信じられないなら、人間を信じないで生きてごらん。生きるということは恐らく、そうしたこととは別ですよ。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong> <img localsrc="" alt="">