学問は脳、仕事は腕、身を動かすは足である。しかし、卑しくも大成を期せんには、先ずこれらすべてを統(す)ぶる意志の大いなる力がいる、これは勇気である。

大隈 重信(おおくま しげのぶ、天保9年2月16日(1838年3月11日) – 1922年(大正11年)1月10日)は、日本の武士(佐賀藩藩士)、政治家、教育者。位階は従一位。勲等は大勲位。爵位は侯爵。

関連のある名言

  1. 強い人ほど優しい。強い人は余力があり、弱い人を助けたくなる。誰でも「他人のために働きたい」とは思っている。それには強くならなければ。
  2. 人間は一人では生きられない。ルパング島での一番の悲しみは、戦友を失ったことだった。魚は水の中でしか、人は人の中でしか生きられない。
  3. 計画どおりにいかないことは沢山あるが、思い通りにはいくものだ。不満などどうってことはない。自分の満足度を少し変えればよいのだから。
  4. 済んだことは済んだことで、愚痴を言ってもはじまらない。愚痴を言えば前に進む力が減るだけでしょ。だから、愚痴を言うのは大嫌いなんです。愚痴や泣きごとを言う人も大嫌い。
  5. 疲れている時、怪我をしている時は、弱気になってしまう。満腹な時、体調の良い時は、油断をする。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong> <img localsrc="" alt="">