思案に余る一大事に出会ったときは、一大事と考えるから決断がつかない。大事の思案は軽くすべし。武士は何事も七呼吸で決断せよ。

鍋島 直茂(なべしま なおしげ)は戦国時代・安土桃山時代の肥前の武将。肥前佐賀藩の藩祖である(ただし正式には藩主になっていない)。数回改名しており、直茂は後期に名乗った名前であるが、本記事での呼称は直茂で統一する。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong> <img localsrc="" alt="">