企業経営のエッセンスは、何かに『卓越』することと、『決断』することである。

ピーター・ファーディナンド・ドラッカー(Peter Ferdinand Drucker、1909年11月19日 – 2005年11月11日)は、オーストリアウィーンと生まれのユダヤ系経営学者・社会学者。
もとは「ペーター・フェルディナント・ドリュッカー」(Peter Ferdinand Drücker)。父・アドルフ・ドリュッカー(ウィーン大学教授)と母・ボンディの間の子で、義理の叔父に公法学者・国際法学者のハンス・ケルゼン(母方の叔母・マルガレーテ・ボンディの夫)がいる。

関連のある名言

  1. 人、金、物で経営が成り立つという考えは捨てなければならない。もう一つの決定的な要素、情報を抜きにして経営は生き残れない。
  2. リーダーシップとは、人のビジョンを高め、成果の水準を高め、人格を高めることである。
  3. 真の生産性は、(経営者が)働く人たちに敬意を持つときにもたらされる。
  4. マーケティングの理想は販売を不用にすることである。
  5. ほとんどの人が、人とともに働き、人の力をかりて成果をあげる。したがって、成果をあげるには、人との関係に責任をもたなければならない。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong> <img localsrc="" alt="">