世の中で一番尊いことは、人のために奉仕して決して恩にきせないことです。

福澤諭吉(ふくざわ ゆきち、天保5年12月12日(1835年1月10日)- 1901年(明治34年)2月3日)は、日本の武士(中津藩士)、幕臣・旗本(外国方翻訳局、外国奉行支配調役次席翻訳御用)、蘭学者、自然科学者、著述家、啓蒙思想家、新聞時事新報の創刊・発行者、教育者、明六社発起人、興亜会顧問、東京学士会院(現在の日本学士院)初代会長、適塾第十代塾頭、慶應義塾創設者。また、専修学校(後の専修大学)、商法講習所(後の一橋大学)、伝染病研究所の創設にも尽力した。

関連のある名言

  1. 世の中で、一番美しいことは、すべてのものに愛情を持つことです。
  2. 活用なき学問は無学に等し
  3. あまり人生を重く見ず、捨て身になって何事も一心になすべし。
  4. 結婚は人生の重大事なれば、配偶の選択は最も慎重ならざるべからず。
  5. 道徳の教育は耳より入らず、目より入るものなり。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong> <img localsrc="" alt="">