集中するとはある意味では捨てることです。「選択」するということはいくつかの選択肢の中から一つを選ぶことです。ほかのものは捨てねばなりません。

安藤百福(あんどう ももふく、Momofuku Andoh., 1910年(明治43年)3月5日 – 2007年(平成19年)1月5日)は日本の実業家。世界初のインスタントラーメンの開発者。日清食品(株)創業者。(旧名:呉百福)

関連のある名言

  1. 明確な目標を定めたあとは、執念だ。 ひらめきも執念から生まれる。
  2. どんなに優れた思いつきでも、時代が求めていなければ、人の役に立つことはできない。
  3. 私が無一文になったとき、“失ったのは財産だけではないか、その分だけ経験が血や肉 となって身に付いた“と考えた。すると、新たな勇気が湧いてきた。
  4. いつも心の窓を開いておけ。すると他の人に見えないものまで見えてくる。
  5. 私の人生は波乱の連続だった。成功の喜びに浸るまもなく、何度も失意の底に突き落 とされた。しかし、苦しい時の経験がいざというときに常識を超える力を発揮させてくれた。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong> <img localsrc="" alt="">