歩きながら考えることである。考えてから歩こうとすれば、いつになっても歩くことはできない。

加藤 諦三(かとう たいぞう、1938年(昭和13年)1月26日 – )は、東京都出身の社会学者、作家。早稲田大学理工学部名誉教授(2008年3月31日に定年退職)、早稲田大学エクステンションセンター講師。 理工学部時代は一般教養の社会学を教えていた。

関連のある名言

  1. 人生には何よりも「なに、くそ」という精神が必要だ。
  2. 時間を最も有効に利用した者に、最も立派な仕事ができる。
  3. 勝って、勝ちに傲ることなく、負けて、負けに屈することなく、安きにありて、油断することなく、危うきにありて、恐れることもなく、ただ、ただ、一筋の道を、踏んでゆけ。
  4. 自分の心に生じる欲望に打ち勝つのは、敵に勝つよりむずかしい。
  5. 人に勝つより、自分に勝て!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong> <img localsrc="" alt="">