己が貧しければ、そこに描く富士も貧しい。

横山 大観(よこやま たいかん、正字体:大觀、(1868年11月2日(明治元年9月18日) – 1958年(昭和33年)2月26日)は、日本の美術家、日本画家。常陸国水戸(現在の茨城県水戸市下市)出身。近代日本画壇の巨匠であり、今日「朦朧体(もうろうたい)」と呼ばれる、線描を抑えた独特の没線描法を確立した。

関連のある名言

  1. 平凡なこと、手を抜こうと思えば抜けることを軽んじず、丁寧にやっていくことだ。独創的な人を見ても、驚くほど細かいことまで気づくし、実行しているものである。「独創は得意ですが、細かなことは嫌いです」という成功者はまずいない。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong> <img localsrc="" alt="">