心は大磐石のごとく押ししずめよ。気分は朝日のごとく勇ましくせよ。

黒住 宗忠 (くろずみ むねただ、安永9年11月26日(1780年12月21日) – 嘉永3年2月25日(1850年4月7日)) は、神道系の新宗教のさきがけとなる黒住教を開いた幕末の神道家。 備前の神社の神職だった。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong> <img localsrc="" alt="">