何がしあわせかわからないです。本当にどんなに辛いことでも、それが正しい道を進む中の出来事なら、峠の上り下りもみんな本当の幸せに近づく一足づつですから。

宮沢 賢治(みやざわ けんじ、本名:宮澤賢治、1896年(明治29年)8月27日(戸籍上は8月1日) – 1933年(昭和8年)9月21日)は、日本の詩人、短編小説家・童話作家、教職者、農業技術指導者、地質学者、水彩画家。

関連のある名言

  1. 勇気を修養するものは、進む方の勇ばかりではなく、退いて守る力の沈勇もまたこれを養うよう心掛けねばならぬ。両者がそろって真の勇気が成る。
  2. 企業が社会に存続する意味を将来に向かって明示するものが、ビジョンである。従業員はそのビジョンを感得することによって、自分がその集団に所属する意味を見出す。
  3. 問題は「かくあるべき姿」を求めて、日々真剣に自己の任務を掘り下げ追求し続ける意欲のある人の目にのみ、その真姿を現わすのである。問題とは発見され創造されるものなのだ。
  4. われわれの一種の習性として、原因の探求はいい加減にしておいて、すぐ“対策”に走ってしまうからだ。原因を深く掘り下げれば掘り下げるほど、すぐれた対策が生まれるという定律が、よくわかっていないのだ。
  5. リスクの大きさと利益の大きさは比例するものだ。リスクが小さければ、誰もがその機会を追求するから、利益も小さい。逆にリスクが大きければ、得られる利益は大きい。利益とはリスクに対する対価だといわねばならぬ。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong> <img localsrc="" alt="">