人間の力量いっぱいの月給を取ると弱くなるよ、況(いわん)やそれ以上を取るに及んでは大抵のものが堕落する。

堺 利彦(さかい としひこ、1871年1月15日(明治3年11月25日) – 1933年(昭和8年)1月23日)は、日本の社会主義者・思想家・歴史家・著述家・小説家。号は枯川、別名は、貝塚渋六。

関連のある名言

  1. 勇気を修養するものは、進む方の勇ばかりではなく、退いて守る力の沈勇もまたこれを養うよう心掛けねばならぬ。両者がそろって真の勇気が成る。
  2. 闇があるから光がある。そして闇から出てきた人こそ、一番本当に光の有難さが分かるんだ。
  3. 何がしあわせかわからないです。本当にどんなに辛いことでも、それが正しい道を進む中の出来事なら、峠の上り下りもみんな本当の幸せに近づく一足づつですから。
  4. 信実と誠実となくしては、礼儀は茶番であり芝居である。
  5. 強き人はよく耐える。よく耐える人を強者という。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong> <img localsrc="" alt="">