現実という壁の前に立った時、いたずらに壁の厚さのみを測ることがないだろうか。実行する前に言い訳を考えていないだろうか。とにかく壁に体当たりしてみることだ。鋼鉄と思っていた壁が、実はボール紙製であるかもしれない。たとえ鋼鉄であっても、ダイナマイトで爆破すればよい。それが創造的姿勢というものだ。

中内 功(なかうち いさお、1922年8月2日 – 2005年9月19日)は実業家。ダイエーを創業し、会長・社長・グループCEOを務める。日本チェーンストア協会会長、流通科学大学学園長、理事長を歴任した。

日本におけるスーパーマーケット(GMS)の黎明期から立ち上げに関わり、 近年の消費者主体型の流通システムの構築を確立させダイエーを中心とした商業施設の普及・拡大日本の流通革命に大きく貢献した。

関連のある名言

  1. 馬鹿と天才とは、この世に存在することはまれである。全てが我々凡人の世界である。その中で半歩前に踏み出すことのできる勇気を持つことが大切である。
  2. いかがわしさがビジネスを飛躍させる。いかがわしいことをしよう。古い体制から見れば、新しいものはすべていかがわしいのだ。
  3. ええ恰好をするな。現実に足をつけ。自分の体で考えたこと以外は言うな。実践とは、自分で手を汚して最前線に出てはじめて分かる。
  4. 落伍者とは、戦う心を失った人をいう。 生きていること自体、なんらかの意味で戦う場である。
  5. 我々の世代は「働く」の反対語は「休む」である。ワークの反対はレスト、これでは創造的ではない。ワークの反対はプレイ。そして、この二つが両立してこそ、新しい文化が花開く。ワークを一生懸命にやれば、プレイも命がけでする。それが若者ではないか。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong> <img localsrc="" alt="">