僕にとって最も重要なのは勝つこと。オーバーテイクしたり、ポールポジションをとったり、レースに優勝する瞬間の喜びが僕のモチベーションだ。

アイルトン・セナ・ダ・シルバ(Ayrton Senna da Silva, 1960年3月21日 – 1994年5月1日)は、ブラジル人のレーシング・ドライバー、1988年、1990年、1991年の3度F1ワールドチャンピオン。

期待感や、目的を遂げて最高の走りで最高の結果を出そうとする気持ちが、僕にある種の力を与えてくれることがある。

アイルトン・セナ・ダ・シルバ(Ayrton Senna da Silva, 1960年3月21日 – 1994年5月1日)は、ブラジル人のレーシング・ドライバー、1988年、1990年、1991年の3度F1ワールドチャンピオン。

人生の中には、抵抗しようとしても出来ないものがある。僕には走るのを止めることは出来なかった。 僕に生命を与えてくれるのは戦いだよ。この挑戦が無ければ、僕はもう、存在しないだろう。

アイルトン・セナ・ダ・シルバ(Ayrton Senna da Silva, 1960年3月21日 – 1994年5月1日)は、ブラジル人のレーシング・ドライバー、1988年、1990年、1991年の3度F1ワールドチャンピオン。

生きるならば、完全な、そして強烈な人生を送りたい。僕はそういう人間だ。事故で死ぬなら、一瞬のうちに死にたい。

アイルトン・セナ・ダ・シルバ(Ayrton Senna da Silva, 1960年3月21日 – 1994年5月1日)は、ブラジル人のレーシング・ドライバー、1988年、1990年、1991年の3度F1ワールドチャンピオン。