みんなは一人のために、一人はみんなのために。

アレクサンドル・デュマ(仏: Alexandre Dumas, 1802年7月24日 – 1870年12月5日)は、フランスの小説家。『椿姫』を著した同名の息子と区別するために、「父」を意味する père を付して大デュマ(Dumas, père)とも呼ばれる。