まず自分自身のあいだから、 その最良の見本を提供することが必要である。そして一人でも二人でもそういう見本を提供することによって、集団全体が千年も輝くものとなるのだ。

ウォルター・ホイットマン (Walter Whitman, 1819年5月31日 – 1892年3月26日) はアメリカ合衆国の詩人、随筆家、ジャーナリスト、ヒューマニスト。
超越主義から写実主義への過渡期を代表する人物の一人で、作品には両方の様相が取り込まれている。
アメリカ文学において最も影響力の大きい作家の一人でもあり、しばしば「自由詩の父」と呼ばれる。発表当時の作品に対する評価は大きく割れ、特にその代表作の詩集『草の葉』は性的表現があからさまなところから「わいせつ」と評された。

わたしにも、誰にも、あなたに代わって道を歩くことはできない。自分の道は自分で行くほかないのだ。

ウォルター・ホイットマン (Walter Whitman, 1819年5月31日 – 1892年3月26日) はアメリカ合衆国の詩人、随筆家、ジャーナリスト、ヒューマニスト。
超越主義から写実主義への過渡期を代表する人物の一人で、作品には両方の様相が取り込まれている。
アメリカ文学において最も影響力の大きい作家の一人でもあり、しばしば「自由詩の父」と呼ばれる。発表当時の作品に対する評価は大きく割れ、特にその代表作の詩集『草の葉』は性的表現があからさまなところから「わいせつ」と評された。

情熱…。それなくして、人間と呼べようか?

ウォルター・ホイットマン (Walter Whitman, 1819年5月31日 – 1892年3月26日) はアメリカ合衆国の詩人、随筆家、ジャーナリスト、ヒューマニスト。
超越主義から写実主義への過渡期を代表する人物の一人で、作品には両方の様相が取り込まれている。
アメリカ文学において最も影響力の大きい作家の一人でもあり、しばしば「自由詩の父」と呼ばれる。発表当時の作品に対する評価は大きく割れ、特にその代表作の詩集『草の葉』は性的表現があからさまなところから「わいせつ」と評された。

これから私は幸福を求めない。…私自身が幸福だ。

ウォルター・ホイットマン (Walter Whitman, 1819年5月31日 – 1892年3月26日) はアメリカ合衆国の詩人、随筆家、ジャーナリスト、ヒューマニスト。
超越主義から写実主義への過渡期を代表する人物の一人で、作品には両方の様相が取り込まれている。
アメリカ文学において最も影響力の大きい作家の一人でもあり、しばしば「自由詩の父」と呼ばれる。発表当時の作品に対する評価は大きく割れ、特にその代表作の詩集『草の葉』は性的表現があからさまなところから「わいせつ」と評された。