我々は動物の扱い方によって、その人の心を判断することができる。

イマヌエル・カント(Immanuel Kant, 1724年4月22日 – 1804年2月12日)はプロイセン王国出身の思想家で大学教授である。近代において最も影響力の大きな哲学者の一人である。『純粋理性批判』、『実践理性批判』、『判断力批判』の三批判書を発表し、批判哲学を提唱して、認識論における、いわゆる「コペルニクス的転回」をもたらす。ドイツ観念論哲学の祖ともされる。

真の人間性に最もよく調和する愉しみは、よき仲間との愉しい食事である。

イマヌエル・カント(Immanuel Kant, 1724年4月22日 – 1804年2月12日)はプロイセン王国出身の思想家で大学教授である。近代において最も影響力の大きな哲学者の一人である。『純粋理性批判』、『実践理性批判』、『判断力批判』の三批判書を発表し、批判哲学を提唱して、認識論における、いわゆる「コペルニクス的転回」をもたらす。ドイツ観念論哲学の祖ともされる。

苦悩は活動への拍車である。そして活動のなかにのみ、我々は我々の生命を感じる。

イマヌエル・カント(Immanuel Kant, 1724年4月22日 – 1804年2月12日)はプロイセン王国出身の思想家で大学教授である。近代において最も影響力の大きな哲学者の一人である。『純粋理性批判』、『実践理性批判』、『判断力批判』の三批判書を発表し、批判哲学を提唱して、認識論における、いわゆる「コペルニクス的転回」をもたらす。ドイツ観念論哲学の祖ともされる。

もっとも平安な、そして純粋な喜びの一つは、労働をした後の休息である。

イマヌエル・カント(Immanuel Kant, 1724年4月22日 – 1804年2月12日)はプロイセン王国出身の思想家で大学教授である。近代において最も影響力の大きな哲学者の一人である。『純粋理性批判』、『実践理性批判』、『判断力批判』の三批判書を発表し、批判哲学を提唱して、認識論における、いわゆる「コペルニクス的転回」をもたらす。ドイツ観念論哲学の祖ともされる。

教育は、人間に課すことのできる最も大きい、むずかしい問題である。

イマヌエル・カント(Immanuel Kant, 1724年4月22日 – 1804年2月12日)はプロイセン王国出身の思想家で大学教授である。近代において最も影響力の大きな哲学者の一人である。『純粋理性批判』、『実践理性批判』、『判断力批判』の三批判書を発表し、批判哲学を提唱して、認識論における、いわゆる「コペルニクス的転回」をもたらす。ドイツ観念論哲学の祖ともされる。

成功に至る第一歩は、自分が心で何を望んでいるかを見つけ出すことです。それがはっきり分からないうちは、何を期待しても駄目でしょう。

イマヌエル・カント(Immanuel Kant, 1724年4月22日 – 1804年2月12日)はプロイセン王国出身の思想家で大学教授である。近代において最も影響力の大きな哲学者の一人である。『純粋理性批判』、『実践理性批判』、『判断力批判』の三批判書を発表し、批判哲学を提唱して、認識論における、いわゆる「コペルニクス的転回」をもたらす。ドイツ観念論哲学の祖ともされる。

女は自分の前を通った、よその婦人の眼が自分を注目したか、いなかを直感的に悟る術を心得ている。女が身を飾るのは、他の女たちを意識しているからである。

イマヌエル・カント(Immanuel Kant, 1724年4月22日 – 1804年2月12日)はプロイセン王国出身の思想家で大学教授である。近代において最も影響力の大きな哲学者の一人である。『純粋理性批判』、『実践理性批判』、『判断力批判』の三批判書を発表し、批判哲学を提唱して、認識論における、いわゆる「コペルニクス的転回」をもたらす。ドイツ観念論哲学の祖ともされる。