われわれは消極的に悪い習慣を捨てようと努力するよりも、むしろ常に良い習慣を養うように心掛けねばならぬ。

カール・ヒルティ(Carl Hilty、1833年2 月28日 – 1909年10月12日)は、スイスの法学者、哲学者、政治家。日本では『幸福論』、『眠られぬ夜のために』の著者として知られる。敬虔なクリスチャンとして、人生、人間、神、死、愛などの主題について含蓄深い思想書を著した。

われわれが人生で当面する憎しみの大半は、単に嫉妬か、あるいは辱められた愛にほかならない。

カール・ヒルティ(Carl Hilty、1833年2 月28日 – 1909年10月12日)は、スイスの法学者、哲学者、政治家。日本では『幸福論』、『眠られぬ夜のために』の著者として知られる。敬虔なクリスチャンとして、人生、人間、神、死、愛などの主題について含蓄深い思想書を著した。

多すぎる休息は、少なすぎる休息と同じように疲労させる。

カール・ヒルティ(Carl Hilty、1833年2 月28日 – 1909年10月12日)は、スイスの法学者、哲学者、政治家。日本では『幸福論』、『眠られぬ夜のために』の著者として知られる。敬虔なクリスチャンとして、人生、人間、神、死、愛などの主題について含蓄深い思想書を著した。

人を不安にするものは、事柄そのものではなく、むしろそれに関する人の考えである。

カール・ヒルティ(Carl Hilty、1833年2 月28日 – 1909年10月12日)は、スイスの法学者、哲学者、政治家。日本では『幸福論』、『眠られぬ夜のために』の著者として知られる。敬虔なクリスチャンとして、人生、人間、神、死、愛などの主題について含蓄深い思想書を著した。

心配に対する最上の対策は、忍耐と勇気である。

カール・ヒルティ(Carl Hilty、1833年2 月28日 – 1909年10月12日)は、スイスの法学者、哲学者、政治家。日本では『幸福論』、『眠られぬ夜のために』の著者として知られる。敬虔なクリスチャンとして、人生、人間、神、死、愛などの主題について含蓄深い思想書を著した。

幸福、それは君の行くてに立ちふさがる獅子である。たいていの人はそれを見て引き返してしまう。

カール・ヒルティ(Carl Hilty、1833年2 月28日 – 1909年10月12日)は、スイスの法学者、哲学者、政治家。日本では『幸福論』、『眠られぬ夜のために』の著者として知られる。敬虔なクリスチャンとして、人生、人間、神、死、愛などの主題について含蓄深い思想書を著した。

苦しみは人を強くするか、それとも打ち砕くかのどちらかである。

カール・ヒルティ(Carl Hilty、1833年2 月28日 – 1909年10月12日)は、スイスの法学者、哲学者、政治家。日本では『幸福論』、『眠られぬ夜のために』の著者として知られる。敬虔なクリスチャンとして、人生、人間、神、死、愛などの主題について含蓄深い思想書を著した。

悩みのみが正しい意味で、人を謙遜にする。

カール・ヒルティ(Carl Hilty、1833年2 月28日 – 1909年10月12日)は、スイスの法学者、哲学者、政治家。日本では『幸福論』、『眠られぬ夜のために』の著者として知られる。敬虔なクリスチャンとして、人生、人間、神、死、愛などの主題について含蓄深い思想書を著した。

忠告は雪に似て、静かに降れば降るほど心に永くかかり、 心に食い込んでいくことも深くなる。

カール・ヒルティ(Carl Hilty、1833年2 月28日 – 1909年10月12日)は、スイスの法学者、哲学者、政治家。日本では『幸福論』、『眠られぬ夜のために』の著者として知られる。敬虔なクリスチャンとして、人生、人間、神、死、愛などの主題について含蓄深い思想書を著した。

諸君にとってもっとも容易なものからはじめたまえ。ともかく始めることだ。

カール・ヒルティ(Carl Hilty、1833年2 月28日 – 1909年10月12日)は、スイスの法学者、哲学者、政治家。日本では『幸福論』、『眠られぬ夜のために』の著者として知られる。敬虔なクリスチャンとして、人生、人間、神、死、愛などの主題について含蓄深い思想書を著した。