多くの人は、自分が見たいと思ったものにしか目を向けようとしない。

ガイウス・ユリウス・カエサル(古典ラテン語:Gaius Julius Caesar、紀元前100年頃(紀元前102年とも) – 紀元前44年3 月15日[1])は、共和政ローマ期の政治家、軍人であり、文筆家である。

三頭政治と内乱を経て、ルキウス・コルネリウス・スッラに次ぐ終身独裁官(ディクタトル)となり、のちの帝政の基礎を築いた。「賽は投げられた(Alea iacta est)」「来た、見た、勝った(Veni, vidi, vici)」「ブルータス、お前もか(Et tu, Brute?)」などの引用句でも知られる。