しばらく二人で黙っているといい。 その沈黙に耐えられる関係かどうか。

セーレン・オービエ・キェルケゴール(Søren Aabye Kierkegaard, 1813年5月5日 – 1855年11月11日)はデンマークの哲学者であり、今日では一般に実存主義の創始者、またはその先駆けと評価されている。キェルケゴールは当時とても影響力が強かったヘーゲル哲学あるいは青年ヘーゲル派、また(彼から見て)内容を伴わず形式ばかりにこだわる当時のデンマーク教会に対する痛烈な批判者であった。

愛は全てを信じ、しかも欺かれない。愛は全てを望み、しかも決して滅びない。愛は自己の利益を求めない。

セーレン・オービエ・キェルケゴール(Søren Aabye Kierkegaard, 1813年5月5日 – 1855年11月11日)はデンマークの哲学者であり、今日では一般に実存主義の創始者、またはその先駆けと評価されている。キェルケゴールは当時とても影響力が強かったヘーゲル哲学あるいは青年ヘーゲル派、また(彼から見て)内容を伴わず形式ばかりにこだわる当時のデンマーク教会に対する痛烈な批判者であった。

人間の生の価値は、その人が何をしたがではなく、どうしたかにかかっているべきである。

セーレン・オービエ・キェルケゴール(Søren Aabye Kierkegaard, 1813年5月5日 – 1855年11月11日)はデンマークの哲学者であり、今日では一般に実存主義の創始者、またはその先駆けと評価されている。キェルケゴールは当時とても影響力が強かったヘーゲル哲学あるいは青年ヘーゲル派、また(彼から見て)内容を伴わず形式ばかりにこだわる当時のデンマーク教会に対する痛烈な批判者であった。

女というものは、目の前を通った他の女が自分に注目したかどうかを直感的に悟る術を心得ている。 というのも、女がその身を飾るのは、男に媚びるためではなく他の女たちに誇るためだからである。

セーレン・オービエ・キェルケゴール(Søren Aabye Kierkegaard, 1813年5月5日 – 1855年11月11日)はデンマークの哲学者であり、今日では一般に実存主義の創始者、またはその先駆けと評価されている。キェルケゴールは当時とても影響力が強かったヘーゲル哲学あるいは青年ヘーゲル派、また(彼から見て)内容を伴わず形式ばかりにこだわる当時のデンマーク教会に対する痛烈な批判者であった。

臆病の虫に取り付かれると、その人は良きことを行わなくなる。

セーレン・オービエ・キェルケゴール(Søren Aabye Kierkegaard, 1813年5月5日 – 1855年11月11日)はデンマークの哲学者であり、今日では一般に実存主義の創始者、またはその先駆けと評価されている。キェルケゴールは当時とても影響力が強かったヘーゲル哲学あるいは青年ヘーゲル派、また(彼から見て)内容を伴わず形式ばかりにこだわる当時のデンマーク教会に対する痛烈な批判者であった。

死に至る病、それは絶望である。

セーレン・オービエ・キェルケゴール(Søren Aabye Kierkegaard, 1813年5月5日 – 1855年11月11日)はデンマークの哲学者であり、今日では一般に実存主義の創始者、またはその先駆けと評価されている。キェルケゴールは当時とても影響力が強かったヘーゲル哲学あるいは青年ヘーゲル派、また(彼から見て)内容を伴わず形式ばかりにこだわる当時のデンマーク教会に対する痛烈な批判者であった。

信念は理屈をも超越する。

セーレン・オービエ・キェルケゴール(Søren Aabye Kierkegaard, 1813年5月5日 – 1855年11月11日)はデンマークの哲学者であり、今日では一般に実存主義の創始者、またはその先駆けと評価されている。キェルケゴールは当時とても影響力が強かったヘーゲル哲学あるいは青年ヘーゲル派、また(彼から見て)内容を伴わず形式ばかりにこだわる当時のデンマーク教会に対する痛烈な批判者であった。

人生は振り返らなければ理解できないが、前を向かなければ進んで行かない。

セーレン・オービエ・キェルケゴール(Søren Aabye Kierkegaard, 1813年5月5日 – 1855年11月11日)はデンマークの哲学者であり、今日では一般に実存主義の創始者、またはその先駆けと評価されている。キェルケゴールは当時とても影響力が強かったヘーゲル哲学あるいは青年ヘーゲル派、また(彼から見て)内容を伴わず形式ばかりにこだわる当時のデンマーク教会に対する痛烈な批判者であった。