(9月11日テロ事件の)真の犯人は、崩壊した建物の中にいる。

サッダーム・フセイン(アラビア語:صدام حسين 、英語:Saddam Hussein 、1937年4月28日 – 2006年12月30日)は、イラク共和国の政治家。スンナ派のアラブ人であり、イラク共和国の大統領、首相、革命指導評議会議長、バアス党地域指導部書記長、イラク軍最高司令官を務めた。軍階級は元帥。