青年は決して安全株を買ってはいけない。

ジャン・コクトー(Jean Cocteau、1889年7月5日 – 1963年10月11日)は、フランスの前衛芸術家(作家、詩人、劇作家として著名であるだけでなく、画家や脚本家、映画監督としての活動も行った)。自身は中でも「詩人」と呼ばれることを望んだという。ダダやシュルレアリスムと相互影響はあったと考えられるが、自身は直接は運動に参加せず、むしろ対立も多かった。

「ツキ」を信じるか、だって? もちろん信じるさ。 信じないで、大嫌いな奴が成功したときにどう説明するんだね?

ジャン・コクトー(Jean Cocteau、1889年7月5日 – 1963年10月11日)は、フランスの前衛芸術家(作家、詩人、劇作家として著名であるだけでなく、画家や脚本家、映画監督としての活動も行った)。自身は中でも「詩人」と呼ばれることを望んだという。ダダやシュルレアリスムと相互影響はあったと考えられるが、自身は直接は運動に参加せず、むしろ対立も多かった。

詩人はいつも真実を話す嘘つきである。

ジャン・コクトー(Jean Cocteau、1889年7月5日 – 1963年10月11日)は、フランスの前衛芸術家(作家、詩人、劇作家として著名であるだけでなく、画家や脚本家、映画監督としての活動も行った)。自身は中でも「詩人」と呼ばれることを望んだという。ダダやシュルレアリスムと相互影響はあったと考えられるが、自身は直接は運動に参加せず、むしろ対立も多かった。

自分の家が大好きだからネコが好きだ。しばらくしたらその二つは見える魂になる。

ジャン・コクトー(Jean Cocteau、1889年7月5日 – 1963年10月11日)は、フランスの前衛芸術家(作家、詩人、劇作家として著名であるだけでなく、画家や脚本家、映画監督としての活動も行った)。自身は中でも「詩人」と呼ばれることを望んだという。ダダやシュルレアリスムと相互影響はあったと考えられるが、自身は直接は運動に参加せず、むしろ対立も多かった。