自分自身の活かし方を知っている人は常に余暇を創り出す。何もしない人は、いつまでもあくせくしている。

ラ・プラティエール子爵ジャン=マリー・ロラン (Jean-Marie Roland, vicomte de La Platière 1734年2月18日 – 1793年11月15日)は、フランス革命期の政治家。ジロンド派の指導者であるマノン・ロランの夫で、1792年に内務大臣となるが完全に妻の言いなりだった。1793年に失脚すると逃亡するが妻の処刑を聞いて自殺した。