生きているかぎり、人は毎日、変化していくプロセスをたどっています。より良く変わっていくのか悪くなっていくのかは、あなたの行い次第です。

ジョン・カルビン・マックスウェル (1947年2月20日-)は、 福音派キリスト教の牧師、作家、主にリーダーシップについて焦点を当てた本を書いている 。

成功は、目的地ではなく日々の経過なのです。真の成功を達成する唯一の道は、一日一歩、確実に進むことです。

ジョン・カルビン・マックスウェル (1947年2月20日-)は、 福音派キリスト教の牧師、作家、主にリーダーシップについて焦点を当てた本を書いている 。

チャンスは幸運ではなく勇気の成果である。成功する人は、チャンスを見つけだす人です。そして、もし見つからなければ自分でチャンスを作り出す人です。

ジョン・カルビン・マックスウェル (1947年2月20日-)は、 福音派キリスト教の牧師、作家、主にリーダーシップについて焦点を当てた本を書いている 。

「成功」と「犠牲」は表裏一体のものだ。ささやかな成功でかまわないなら、犠牲も少しで済む。しかし、大きな成果を出したいと思うなら、犠牲を払うことをためらってはいけない。

ジョン・カルビン・マックスウェル (1947年2月20日-)は、 福音派キリスト教の牧師、作家、主にリーダーシップについて焦点を当てた本を書いている 。

男女を問わず、歴史に名を残した偉人たちは、多くのものを所有していたり、大金を稼いだりしたから偉大だったのではありません。安全性を捨てても、偉業を成し遂げることに、人生を賭けたからこそ偉大なのです。

ジョン・カルビン・マックスウェル (1947年2月20日-)は、 福音派キリスト教の牧師、作家、主にリーダーシップについて焦点を当てた本を書いている 。

人生は本番前のリハーサルではありません。常にベストを尽くさなければ、二度とチャンスはないのです。

ジョン・カルビン・マックスウェル (1947年2月20日-)は、 福音派キリスト教の牧師、作家、主にリーダーシップについて焦点を当てた本を書いている 。

広く探求することを1点に集中することと交換する。若い時ほど、色々なことを試してみるべきです。でも、いったん人生の目的を見つけたなら、それに執着しなければなりません。

ジョン・カルビン・マックスウェル (1947年2月20日-)は、 福音派キリスト教の牧師、作家、主にリーダーシップについて焦点を当てた本を書いている 。