他国を見れば見るほど故国を愛するようになる。

アンヌ・ルイーズ・ジェルメーヌ・ド・スタール(Anne Louise Germaine de Staël,1766年4月22日 – 1817年7月14日)は、フランスの批評家、小説家。多く、スタール夫人(Madame de Staël)の名で知られる。
文芸評論、政治思想などで才能を発揮し、フランス・ロマン派の道を開き、後のフランスのみならずドイツなどの文学論に影響をあたえた。

人を知れば知るほど、犬が好きになる。

アンヌ・ルイーズ・ジェルメーヌ・ド・スタール(Anne Louise Germaine de Staël,1766年4月22日 – 1817年7月14日)は、フランスの批評家、小説家。多く、スタール夫人(Madame de Staël)の名で知られる。
文芸評論、政治思想などで才能を発揮し、フランス・ロマン派の道を開き、後のフランスのみならずドイツなどの文学論に影響をあたえた。