お客様への過剰なサービスは避けなければなりません。目につかない細やかなサービスが大切で、お客様は、ホテルでは静かな時間を望まれているのですから。

セザール・リッツ(César Ritz、1850年2月23日 – 1918年10月24日)は、スイス・フランスの実業家。ホテルリッツ(パリ)、リッツ・ロンドンとカールトンホテル(ロンドン)の経営で大成功を収め、「ホテル王」(king of hoteliers, and hotelier to kings)と呼ばれた。現在もヨーロッパ各地に残る各地の「リッツ・ホテル」にその名を残している。

顧客に求められたら決してノーと言ってはいけない。相手が月をほしがったとしてもだ。とにかくやってみる余地はある。いずれにしても、ダメだったあとで説明する時間はたっぷりある。

セザール・リッツ(César Ritz、1850年2月23日 – 1918年10月24日)は、スイス・フランスの実業家。ホテルリッツ(パリ)、リッツ・ロンドンとカールトンホテル(ロンドン)の経営で大成功を収め、「ホテル王」(king of hoteliers, and hotelier to kings)と呼ばれた。現在もヨーロッパ各地に残る各地の「リッツ・ホテル」にその名を残している。