少量をうまくやる方が、大量にまずくやるよりも良い。

ソクラテス(ソークラテース、Σωκράτης、紀元前469年頃 – 紀元前399年4月27日)は古代ギリシアの哲学者である。 彼自身は著作をおこなわなかったため、その思想は、弟子のプラトンや歴史家のクセノポン、アリストテレスなどの著作を通じて紹介されている。

世界を動かそうと思ったら、まず自分自身を動かせ。

ソクラテス(ソークラテース、Σωκράτης、紀元前469年頃 – 紀元前399年4月27日)は古代ギリシアの哲学者である。 彼自身は著作をおこなわなかったため、その思想は、弟子のプラトンや歴史家のクセノポン、アリストテレスなどの著作を通じて紹介されている。

本をよく読むことで自分を成長させていきなさい。本は著者がとても苦労して身につけたことを、たやすく手に入れさせてくれるのだ。

ソクラテス(ソークラテース、Σωκράτης、紀元前469年頃 – 紀元前399年4月27日)は古代ギリシアの哲学者である。 彼自身は著作をおこなわなかったため、その思想は、弟子のプラトンや歴史家のクセノポン、アリストテレスなどの著作を通じて紹介されている。

深く考えない人生は、生きるに値しない。

ソクラテス(ソークラテース、Σωκράτης、紀元前469年頃 – 紀元前399年4月27日)は古代ギリシアの哲学者である。 彼自身は著作をおこなわなかったため、その思想は、弟子のプラトンや歴史家のクセノポン、アリストテレスなどの著作を通じて紹介されている。

死を嫌い恐れるのは、死は悪いことだと思っているからだが、いったいそういうことを誰がどうして知ったのか。

ソクラテス(ソークラテース、Σωκράτης、紀元前469年頃 – 紀元前399年4月27日)は古代ギリシアの哲学者である。 彼自身は著作をおこなわなかったため、その思想は、弟子のプラトンや歴史家のクセノポン、アリストテレスなどの著作を通じて紹介されている。

幼にして謙遜なれ。弱にして温和なれ。壮にして公正なれ。老いては慎重なれ。

ソクラテス(ソークラテース、Σωκράτης、紀元前469年頃 – 紀元前399年4月27日)は古代ギリシアの哲学者である。 彼自身は著作をおこなわなかったため、その思想は、弟子のプラトンや歴史家のクセノポン、アリストテレスなどの著作を通じて紹介されている。

勉学は光であり、無学は闇である。

ソクラテス(ソークラテース、Σωκράτης、紀元前469年頃 – 紀元前399年4月27日)は古代ギリシアの哲学者である。 彼自身は著作をおこなわなかったため、その思想は、弟子のプラトンや歴史家のクセノポン、アリストテレスなどの著作を通じて紹介されている。

悪法も、また、法なり。

ソクラテス(ソークラテース、Σωκράτης、紀元前469年頃 – 紀元前399年4月27日)は古代ギリシアの哲学者である。 彼自身は著作をおこなわなかったため、その思想は、弟子のプラトンや歴史家のクセノポン、アリストテレスなどの著作を通じて紹介されている。

結婚をするべきか、結婚しないべきか。どちらを選ぶにしても、後悔するだろう。

ソクラテス(ソークラテース、Σωκράτης、紀元前469年頃 – 紀元前399年4月27日)は古代ギリシアの哲学者である。 彼自身は著作をおこなわなかったため、その思想は、弟子のプラトンや歴史家のクセノポン、アリストテレスなどの著作を通じて紹介されている。

汝が良妻を持たば幸福者にならん。悪妻を持たば哲学者にならん。

ソクラテス(ソークラテース、Σωκράτης、紀元前469年頃 – 紀元前399年4月27日)は古代ギリシアの哲学者である。 彼自身は著作をおこなわなかったため、その思想は、弟子のプラトンや歴史家のクセノポン、アリストテレスなどの著作を通じて紹介されている。