その思想がたとえ高潔なものであっても、人間の最終目標は思想ではなく行動である。

トーマス・カーライル(Thomas Carlyle, 1795年12 月4日 – 1881年2月 5日)はイギリス(大英帝国)の歴史家・評論家で、ヴィクトリア朝を代表する言論人だった。スコットランド・ダンフリーズ・アンド・ガロウェイのEcclefechan出身。

『英雄崇拝論』、『フランス革命史』、『オリバー・クロムウェル』、『衣装哲学』、『過去と現在』などが代表作である。明治以来多数日本語訳されて来たが、今日新本での購入は困難である。

理想はわれわれ自身の中にある。同時に、理想の達成を阻むもろもろの障害もまた、われわれ自身の中にある。

トーマス・カーライル(Thomas Carlyle, 1795年12 月4日 – 1881年2月 5日)はイギリス(大英帝国)の歴史家・評論家で、ヴィクトリア朝を代表する言論人だった。スコットランド・ダンフリーズ・アンド・ガロウェイのEcclefechan出身。

『英雄崇拝論』、『フランス革命史』、『オリバー・クロムウェル』、『衣装哲学』、『過去と現在』などが代表作である。明治以来多数日本語訳されて来たが、今日新本での購入は困難である。

自分よりも優れた人を称賛できる心。それが人間が持ちうる最も素晴らしい心である。

トーマス・カーライル(Thomas Carlyle, 1795年12 月4日 – 1881年2月 5日)はイギリス(大英帝国)の歴史家・評論家で、ヴィクトリア朝を代表する言論人だった。スコットランド・ダンフリーズ・アンド・ガロウェイのEcclefechan出身。

『英雄崇拝論』、『フランス革命史』、『オリバー・クロムウェル』、『衣装哲学』、『過去と現在』などが代表作である。明治以来多数日本語訳されて来たが、今日新本での購入は困難である。

恋は結婚よりおもしろい。小説は歴史よりおもしろいからだ。

トーマス・カーライル(Thomas Carlyle, 1795年12 月4日 – 1881年2月 5日)はイギリス(大英帝国)の歴史家・評論家で、ヴィクトリア朝を代表する言論人だった。スコットランド・ダンフリーズ・アンド・ガロウェイのEcclefechan出身。

『英雄崇拝論』、『フランス革命史』、『オリバー・クロムウェル』、『衣装哲学』、『過去と現在』などが代表作である。明治以来多数日本語訳されて来たが、今日新本での購入は困難である。

音楽は天使たちの語らいである。

トーマス・カーライル(Thomas Carlyle, 1795年12 月4日 – 1881年2月 5日)はイギリス(大英帝国)の歴史家・評論家で、ヴィクトリア朝を代表する言論人だった。スコットランド・ダンフリーズ・アンド・ガロウェイのEcclefechan出身。

『英雄崇拝論』、『フランス革命史』、『オリバー・クロムウェル』、『衣装哲学』、『過去と現在』などが代表作である。明治以来多数日本語訳されて来たが、今日新本での購入は困難である。

火が光のはじめであるように、常に愛が知識のはじめである。

トーマス・カーライル(Thomas Carlyle, 1795年12 月4日 – 1881年2月 5日)はイギリス(大英帝国)の歴史家・評論家で、ヴィクトリア朝を代表する言論人だった。スコットランド・ダンフリーズ・アンド・ガロウェイのEcclefechan出身。

『英雄崇拝論』、『フランス革命史』、『オリバー・クロムウェル』、『衣装哲学』、『過去と現在』などが代表作である。明治以来多数日本語訳されて来たが、今日新本での購入は困難である。

一生の仕事を見出した人には、ほかの幸福など必要ないのです。

トーマス・カーライル(Thomas Carlyle, 1795年12 月4日 – 1881年2月 5日)はイギリス(大英帝国)の歴史家・評論家で、ヴィクトリア朝を代表する言論人だった。スコットランド・ダンフリーズ・アンド・ガロウェイのEcclefechan出身。

『英雄崇拝論』、『フランス革命史』、『オリバー・クロムウェル』、『衣装哲学』、『過去と現在』などが代表作である。明治以来多数日本語訳されて来たが、今日新本での購入は困難である。

勤労はつねに人類を悩ますあらゆる疾病と悲惨に対する最大の治療法である。

トーマス・カーライル(Thomas Carlyle, 1795年12 月4日 – 1881年2月 5日)はイギリス(大英帝国)の歴史家・評論家で、ヴィクトリア朝を代表する言論人だった。スコットランド・ダンフリーズ・アンド・ガロウェイのEcclefechan出身。

『英雄崇拝論』、『フランス革命史』、『オリバー・クロムウェル』、『衣装哲学』、『過去と現在』などが代表作である。明治以来多数日本語訳されて来たが、今日新本での購入は困難である。

すべての大偉業は、最初は不可能な事だと言われた。

トーマス・カーライル(Thomas Carlyle, 1795年12 月4日 – 1881年2月 5日)はイギリス(大英帝国)の歴史家・評論家で、ヴィクトリア朝を代表する言論人だった。スコットランド・ダンフリーズ・アンド・ガロウェイのEcclefechan出身。

『英雄崇拝論』、『フランス革命史』、『オリバー・クロムウェル』、『衣装哲学』、『過去と現在』などが代表作である。明治以来多数日本語訳されて来たが、今日新本での購入は困難である。