まず、親自身が手本となることです。手本といっても、完璧な手本になる必要はありません。何があってもいっさい弱音を吐かないような 強靭な精神の持ち主になる必要はないのです。逆境に陥ったとき、挫けずに立ち向かうことができれば十分なのです。

ドロシー・ロー・ノルト(英 Dorothy Law Nolte 1924年1月12日- 2005年11月6日)は、アメリカ人の作家。40年以上にわたり、家族関係についての授業や講演を行っていた人物で、家庭教育の子育てコンサルタントの第一人者。

人間は、その人が何を持っているかでその価値が決まるわけではありません。子どもは、親が自分が自分ゆえに愛してくれる姿から大切な価値観を学ぶのです。

ドロシー・ロー・ノルト(英 Dorothy Law Nolte 1924年1月12日- 2005年11月6日)は、アメリカ人の作家。40年以上にわたり、家族関係についての授業や講演を行っていた人物で、家庭教育の子育てコンサルタントの第一人者。

私たちは人を愛するとき、人生の真の喜びを感じるものです。愛ほど強く大きな幸福感は他にはありません。

ドロシー・ロー・ノルト(英 Dorothy Law Nolte 1924年1月12日- 2005年11月6日)は、アメリカ人の作家。40年以上にわたり、家族関係についての授業や講演を行っていた人物で、家庭教育の子育てコンサルタントの第一人者。

子供は、存在を認められて育つと、自分が好きになる。

ドロシー・ロー・ノルト(英 Dorothy Law Nolte 1924年1月12日- 2005年11月6日)は、アメリカ人の作家。40年以上にわたり、家族関係についての授業や講演を行っていた人物で、家庭教育の子育てコンサルタントの第一人者。