自分を破壊する一歩手前の負荷が、自分を強くしてくれる。

フリードリヒ・ヴィルヘルム・ニーチェ(Friedrich Wilhelm Nietzsche, 1844年10月15日 – 1900年8 月25日)は、ドイツの哲学者・古典文献学者。
随所にアフォリズムを用いた、巧みな散文的表現による哲学の試みには文学的価値も認められる。

なんじの敵には軽蔑すべき敵を選ぶな。なんじの敵について誇りを感じなければならない。

フリードリヒ・ヴィルヘルム・ニーチェ(Friedrich Wilhelm Nietzsche, 1844年10月15日 – 1900年8 月25日)は、ドイツの哲学者・古典文献学者。
随所にアフォリズムを用いた、巧みな散文的表現による哲学の試みには文学的価値も認められる。

人は女を深いと思うーなぜか? 女の場合、底まで行けないからだ。女は浅くさえもないのだ。

フリードリヒ・ヴィルヘルム・ニーチェ(Friedrich Wilhelm Nietzsche, 1844年10月15日 – 1900年8 月25日)は、ドイツの哲学者・古典文献学者。
随所にアフォリズムを用いた、巧みな散文的表現による哲学の試みには文学的価値も認められる。

悪とは何か。弱さから生ずるすべてのものである。

フリードリヒ・ヴィルヘルム・ニーチェ(Friedrich Wilhelm Nietzsche, 1844年10月15日 – 1900年8 月25日)は、ドイツの哲学者・古典文献学者。
随所にアフォリズムを用いた、巧みな散文的表現による哲学の試みには文学的価値も認められる。

男が本当に好きなものは二つ。危険と遊びである。そしてまた、男は女を愛するが、それは遊びのなかで最も危険なものであるからだ。

フリードリヒ・ヴィルヘルム・ニーチェ(Friedrich Wilhelm Nietzsche, 1844年10月15日 – 1900年8 月25日)は、ドイツの哲学者・古典文献学者。
随所にアフォリズムを用いた、巧みな散文的表現による哲学の試みには文学的価値も認められる。

人間は行動を約束することは出来ても、感情は約束できない。 自己欺瞞なしで、永遠の愛を誓う人間は、愛情の見せかけを永遠に約束するものだ。

フリードリヒ・ヴィルヘルム・ニーチェ(Friedrich Wilhelm Nietzsche, 1844年10月15日 – 1900年8 月25日)は、ドイツの哲学者・古典文献学者。
随所にアフォリズムを用いた、巧みな散文的表現による哲学の試みには文学的価値も認められる。

誰であれ、若いうちは、思う存分遊ぶべきである。 長いあいだ活字の森にばかりいると、そこから抜け出られなくなるものだ。

フリードリヒ・ヴィルヘルム・ニーチェ(Friedrich Wilhelm Nietzsche, 1844年10月15日 – 1900年8 月25日)は、ドイツの哲学者・古典文献学者。
随所にアフォリズムを用いた、巧みな散文的表現による哲学の試みには文学的価値も認められる。

事実というものは存在しない。存在するのは解釈だけである。

フリードリヒ・ヴィルヘルム・ニーチェ(Friedrich Wilhelm Nietzsche, 1844年10月15日 – 1900年8 月25日)は、ドイツの哲学者・古典文献学者。
随所にアフォリズムを用いた、巧みな散文的表現による哲学の試みには文学的価値も認められる。