最初は失敗への不安に駆り立てられたこともあった。しかし、一つ一つ挑戦しているうちに次第に物事を楽観的に見られるようになった。解決不可能と思われた障害を一つ乗り越えると、他の障害がそれほど苦にならなくなる。くじけることなく挑戦し続ければ、たいていの人は自分の夢よりも大きなことを達成できる。大きな夢を持つことが大事なのだ。

ハワード・シュルツ(Howard Schultz、1953年7月19日 – )は、世界的なコーヒーショップチェーン・スターバックスコーポレーションの会長兼社長兼最高経営責任者。

人生はニアミスの連続と言っていい。われわれが幸運とみなしていることは実は単なる幸運ではないのだ。幸運とはチャンスを逃さず、自分の将来に責任を持つことに他ならない。他の人たちには見えない目をこらし、誰がなんと言おうと自分の夢を追い続けることなのである。

ハワード・シュルツ(Howard Schultz、1953年7月19日 – )は、世界的なコーヒーショップチェーン・スターバックスコーポレーションの会長兼社長兼最高経営責任者。

偉大なブランドは広告や販促に頼っていない。

ハワード・シュルツ(Howard Schultz、1953年7月19日 – )は、世界的なコーヒーショップチェーン・スターバックスコーポレーションの会長兼社長兼最高経営責任者。ニューヨーク・ブルックリン生まれ、両親はユダヤ系ドイツ人移民のアメリカ人。