許すことは、心の経済なのです。つまり、許すことによって、怒りから生まれる費用、憎しみから生まれる損害、元気の無駄遣いを省けるのです。

ハンナ・モア(Hannah More 1745-1833)は、イギリスの作家。晩年には貧しい人々のために学校を建設し、教育を施すなど、貧民の救済活動に尽力しました。しかし、教育は農業の害になるという農民の考えや、聖職者の無関心・無理解など、多くの困難に直面しました。