結婚においては、「なれなれしさ」という全てを呑み込んでしまう怪獣と絶えず戦わなくてはならない。

オノレ・ド・バルザック(Honoré de Balzac, 1799年5月20日 – 1850年8月18日)は、19世紀フランスを代表する小説家。なおド・バルザックの「ド」は、貴族を気取った自称である。

結局のところ、最悪の不幸など決して起こらない。たいていの場合、不幸を予期するから、悲惨な目にあうのだ。

オノレ・ド・バルザック(Honoré de Balzac, 1799年5月20日 – 1850年8月18日)は、19世紀フランスを代表する小説家。なおド・バルザックの「ド」は、貴族を気取った自称である。