愚者は経験に学び、賢者は歴史に学ぶ。

オットー・エードゥアルト・レーオポルト・フォン・ビスマルク=シェーンハウゼン(独: Otto Eduard Leopold von Bismarck-Schönhausen, 1815年4月1日 – 1898年7月30日)は、プロイセン王国の首相 (在任1862年 – 1890年)、ドイツ帝国初代帝国宰相(1871年 – 1890年)。

青年にすすめたいことは、ただ三語につきる。すなわち働け、もっと働け、あくまで働け。

オットー・エードゥアルト・レーオポルト・フォン・ビスマルク=シェーンハウゼン(独: Otto Eduard Leopold von Bismarck-Schönhausen, 1815年4月1日 – 1898年7月30日)は、プロイセン王国の首相 (在任1862年 – 1890年)、ドイツ帝国初代帝国宰相(1871年 – 1890年)。

人が決まってウソをつくとき。それは狩りの後、戦争の最中、そして選挙の前。

オットー・エードゥアルト・レーオポルト・フォン・ビスマルク=シェーンハウゼン(独: Otto Eduard Leopold von Bismarck-Schönhausen, 1815年4月1日 – 1898年7月30日)は、プロイセン王国の首相 (在任1862年 – 1890年)、ドイツ帝国初代帝国宰相(1871年 – 1890年)。