鳥のように自由に空を飛びたいなんていうのは勝手だけど、鳥が飛ぶためには何万回翼を動かしているか、よく見てごらん。

ビートたけし(本名:北野 武(きたの たけし)、1947年(昭和22年)1月18日 – )は、東京都足立区梅島出身、オフィス北野所属のお笑いタレント、司会者、映画監督、俳優、作家、歌手、東京藝術大学大学院映像研究科教授。元漫才師(ビートきよしとともに、ツービートとして活動)であり、日本国外では映画監督としての知名度が高い。また、映画監督などで本名名義で活動する他、立川談志一門であり高座名「立川錦之助」を持つ。

人生に幸せに求めること自体勘違いなんだよ。世間じゃよく、どうせ死ぬんだから楽しく生きようなんていうけど、オイラは逆で、どうせ後で死んで身軽になるんだから、生きてるうちはヒドイ目に会おう、辛く生きようと思ってる。幸せになろうなんて、考えてないね。

ビートたけし(本名:北野 武(きたの たけし)、1947年(昭和22年)1月18日 – )は、東京都足立区梅島出身、オフィス北野所属のお笑いタレント、司会者、映画監督、俳優、作家、歌手、東京藝術大学大学院映像研究科教授。元漫才師(ビートきよしとともに、ツービートとして活動)であり、日本国外では映画監督としての知名度が高い。また、映画監督などで本名名義で活動する他、立川談志一門であり高座名「立川錦之助」を持つ。

映画監督になりたい人って、「今の状況では、撮りたくても撮れないんだ」とか「そういうチャンスがないんだよ」なんて言うんだけどね。それはもう映画撮れる状況に自分を持っていかなきゃ駄目なんで、予算取れるようにするのが監督の役目だろうっていうのはあるよね。

ビートたけし(本名:北野 武(きたの たけし)、1947年(昭和22年)1月18日 – )は、東京都足立区梅島出身、オフィス北野所属のお笑いタレント、司会者、映画監督、俳優、作家、歌手、東京藝術大学大学院映像研究科教授。元漫才師(ビートきよしとともに、ツービートとして活動)であり、日本国外では映画監督としての知名度が高い。また、映画監督などで本名名義で活動する他、立川談志一門であり高座名「立川錦之助」を持つ。

ワールドカップを観ていて相変わらず「感動をありがとう」なんて言ってるやつはもうてんで駄目なんだよ。本当の感動は、やった奴しか分からない。

ビートたけし(本名:北野 武(きたの たけし)、1947年(昭和22年)1月18日 – )は、東京都足立区梅島出身、オフィス北野所属のお笑いタレント、司会者、映画監督、俳優、作家、歌手、東京藝術大学大学院映像研究科教授。元漫才師(ビートきよしとともに、ツービートとして活動)であり、日本国外では映画監督としての知名度が高い。また、映画監督などで本名名義で活動する他、立川談志一門であり高座名「立川錦之助」を持つ。

夢なんてもう、急にどっかに現れたり消えちゃったりするんだけど、目標って上がっていけばそこにあるって確信しているからね。『夢は夢でしかないよ』って言いたいね。

ビートたけし(本名:北野 武(きたの たけし)、1947年(昭和22年)1月18日 – )は、東京都足立区梅島出身、オフィス北野所属のお笑いタレント、司会者、映画監督、俳優、作家、歌手、東京藝術大学大学院映像研究科教授。元漫才師(ビートきよしとともに、ツービートとして活動)であり、日本国外では映画監督としての知名度が高い。また、映画監督などで本名名義で活動する他、立川談志一門であり高座名「立川錦之助」を持つ。

「人生は金と女」ってはっきり言ってしまおう。そうやって欲望に正直に生きれば、日本人の顔も少しは活力ある顔に戻るんじゃないかな。

ビートたけし(本名:北野 武(きたの たけし)、1947年(昭和22年)1月18日 – )は、東京都足立区梅島出身、オフィス北野所属のお笑いタレント、司会者、映画監督、俳優、作家、歌手、東京藝術大学大学院映像研究科教授。元漫才師(ビートきよしとともに、ツービートとして活動)であり、日本国外では映画監督としての知名度が高い。また、映画監督などで本名名義で活動する他、立川談志一門であり高座名「立川錦之助」を持つ。

感情なんて抑えるのが当然なのに解放するのがいいって風潮になってしまった。素直だとか、子供ような心ってのが褒め言葉になっているしね。でも、それって単にガキってことだろう。子供らしいなんて、本当は良くないことなんだよ。

ビートたけし(本名:北野 武(きたの たけし)、1947年(昭和22年)1月18日 – )は、東京都足立区梅島出身、オフィス北野所属のお笑いタレント、司会者、映画監督、俳優、作家、歌手、東京藝術大学大学院映像研究科教授。元漫才師(ビートきよしとともに、ツービートとして活動)であり、日本国外では映画監督としての知名度が高い。また、映画監督などで本名名義で活動する他、立川談志一門であり高座名「立川錦之助」を持つ。

クジラの保護を叫ぶんだったら、まず動物園の動物の開放が先だろ!

ビートたけし(本名:北野 武(きたの たけし)、1947年(昭和22年)1月18日 – )は、東京都足立区梅島出身、オフィス北野所属のお笑いタレント、司会者、映画監督、俳優、作家、歌手、東京藝術大学大学院映像研究科教授。元漫才師(ビートきよしとともに、ツービートとして活動)であり、日本国外では映画監督としての知名度が高い。また、映画監督などで本名名義で活動する他、立川談志一門であり高座名「立川錦之助」を持つ。

生まれながらにして、死ぬときの対応の仕方を模索していくのが、人生のような気がする。

ビートたけし(本名:北野 武(きたの たけし)、1947年(昭和22年)1月18日 – )は、東京都足立区梅島出身、オフィス北野所属のお笑いタレント、司会者、映画監督、俳優、作家、歌手、東京藝術大学大学院映像研究科教授。元漫才師(ビートきよしとともに、ツービートとして活動)であり、日本国外では映画監督としての知名度が高い。また、映画監督などで本名名義で活動する他、立川談志一門であり高座名「立川錦之助」を持つ。

おいら、上に立つ人間っていうのは完全に孤独じゃなきゃいけないって思う 。

ビートたけし(本名:北野 武(きたの たけし)、1947年(昭和22年)1月18日 – )は、東京都足立区梅島出身、オフィス北野所属のお笑いタレント、司会者、映画監督、俳優、作家、歌手、東京藝術大学大学院映像研究科教授。元漫才師(ビートきよしとともに、ツービートとして活動)であり、日本国外では映画監督としての知名度が高い。また、映画監督などで本名名義で活動する他、立川談志一門であり高座名「立川錦之助」を持つ。