徳の高さは、人が何か特別に頑張った時に判断すべきではない。日頃の行いで判断すべきである。

ブレーズ・パスカル(Blaise Pascal、1623年6月19日 – 1662年8月19日)は、フランスの数学者、物理学者、哲学者、思想家、宗教家である。早熟の天才で、その才能は多分野に及んだ。
パスカルの定理やパスカルの三角形など多数の発見のほか、「人間は考える葦である」という、著作 『パンセ』のなかの一節でも知られている。ポール・ロワヤル学派に属し、ジャンセニスムを代表する著作家の一人でもある。

人間はひとくきの葦にすぎない。自然の中で最も弱いものである。だが、それは考える葦である。

ブレーズ・パスカル(Blaise Pascal、1623年6月19日 – 1662年8月19日)は、フランスの数学者、物理学者、哲学者、思想家、宗教家である。早熟の天才で、その才能は多分野に及んだ。
パスカルの定理やパスカルの三角形など多数の発見のほか、「人間は考える葦である」という、著作 『パンセ』のなかの一節でも知られている。ポール・ロワヤル学派に属し、ジャンセニスムを代表する著作家の一人でもある。

苦悩に負けることは恥ではない。 快楽に負けることが恥なのである。

ブレーズ・パスカル(Blaise Pascal、1623年6月19日 – 1662年8月19日)は、フランスの数学者、物理学者、哲学者、思想家、宗教家である。早熟の天才で、その才能は多分野に及んだ。
パスカルの定理やパスカルの三角形など多数の発見のほか、「人間は考える葦である」という、著作 『パンセ』のなかの一節でも知られている。ポール・ロワヤル学派に属し、ジャンセニスムを代表する著作家の一人でもある。

雄弁も長たらしくなると退屈する。

ブレーズ・パスカル(Blaise Pascal、1623年6月19日 – 1662年8月19日)は、フランスの数学者、物理学者、哲学者、思想家、宗教家である。早熟の天才で、その才能は多分野に及んだ。
パスカルの定理やパスカルの三角形など多数の発見のほか、「人間は考える葦である」という、著作 『パンセ』のなかの一節でも知られている。ポール・ロワヤル学派に属し、ジャンセニスムを代表する著作家の一人でもある。

もし、友人が陰でしゃべっていることをお互いに知ったら、たとえ真面目にありのままにしゃべっているのだとしても、友情はほとんど保たれない。

ブレーズ・パスカル(Blaise Pascal、1623年6月19日 – 1662年8月19日)は、フランスの数学者、物理学者、哲学者、思想家、宗教家である。早熟の天才で、その才能は多分野に及んだ。
パスカルの定理やパスカルの三角形など多数の発見のほか、「人間は考える葦である」という、著作 『パンセ』のなかの一節でも知られている。ポール・ロワヤル学派に属し、ジャンセニスムを代表する著作家の一人でもある。