無理に強いられた学習というものは、何ひとつ魂のなかに残りはしない。

プラトン(プラトーン、希:Πλάτων、羅:Plato/Platon、紀元前427年 – 紀元前347年)は古代ギリシアの哲学者である。ソクラテスの弟子でアリストテレスの師。プラトンの思想は西洋哲学の源流であり、哲学者ホワイトヘッドは「西洋哲学の歴史とはプラトンへの膨大な注釈である」といった。

嫉妬深い人間は、自ら真実の徳をめざして努力するよりも、人を中傷するのが、相手を凌駕する道だと考える。

プラトン(プラトーン、希:Πλάτων、羅:Plato/Platon、紀元前427年 – 紀元前347年)は古代ギリシアの哲学者である。ソクラテスの弟子でアリストテレスの師。プラトンの思想は西洋哲学の源流であり、哲学者ホワイトヘッドは「西洋哲学の歴史とはプラトンへの膨大な注釈である」といった。

真理は子供の口から出る。

プラトン(プラトーン、希:Πλάτων、羅:Plato/Platon、紀元前427年 – 紀元前347年)は古代ギリシアの哲学者である。ソクラテスの弟子でアリストテレスの師。プラトンの思想は西洋哲学の源流であり、哲学者ホワイトヘッドは「西洋哲学の歴史とはプラトンへの膨大な注釈である」といった。

恋に肩をたたかれた時には、 常日頃は詩的な調べに耳をかさないような男でさえ詩人になるのだ。

プラトン(プラトーン、希:Πλάτων、羅:Plato/Platon、紀元前427年 – 紀元前347年)は古代ギリシアの哲学者である。ソクラテスの弟子でアリストテレスの師。プラトンの思想は西洋哲学の源流であり、哲学者ホワイトヘッドは「西洋哲学の歴史とはプラトンへの膨大な注釈である」といった。

本質と存在の融合が最高度に実現されるのは、まさに愛をとおしてのみである。

プラトン(プラトーン、希:Πλάτων、羅:Plato/Platon、紀元前427年 – 紀元前347年)は古代ギリシアの哲学者である。ソクラテスの弟子でアリストテレスの師。プラトンの思想は西洋哲学の源流であり、哲学者ホワイトヘッドは「西洋哲学の歴史とはプラトンへの膨大な注釈である」といった。

哲人が首長たり、首長が哲人たる国家は幸いなり。

プラトン(プラトーン、希:Πλάτων、羅:Plato/Platon、紀元前427年 – 紀元前347年)は古代ギリシアの哲学者である。ソクラテスの弟子でアリストテレスの師。プラトンの思想は西洋哲学の源流であり、哲学者ホワイトヘッドは「西洋哲学の歴史とはプラトンへの膨大な注釈である」といった。

われわれの現在の生は死であり、肉体はわれわれにとりて墓場なり。

プラトン(プラトーン、希:Πλάτων、羅:Plato/Platon、紀元前427年 – 紀元前347年)は古代ギリシアの哲学者である。ソクラテスの弟子でアリストテレスの師。プラトンの思想は西洋哲学の源流であり、哲学者ホワイトヘッドは「西洋哲学の歴史とはプラトンへの膨大な注釈である」といった。

愛のない選択は、決して良い結果にはなりません。

プラトン(プラトーン、希:Πλάτων、羅:Plato/Platon、紀元前427年 – 紀元前347年)は古代ギリシアの哲学者である。ソクラテスの弟子でアリストテレスの師。プラトンの思想は西洋哲学の源流であり、哲学者ホワイトヘッドは「西洋哲学の歴史とはプラトンへの膨大な注釈である」といった。

少年たちの勉学を強制と厳格さによりて訓練せず、彼らに興味をいだかせるべく導くならば、彼らは心の張りを発見せん。

プラトン(プラトーン、希:Πλάτων、羅:Plato/Platon、紀元前427年 – 紀元前347年)は古代ギリシアの哲学者である。ソクラテスの弟子でアリストテレスの師。プラトンの思想は西洋哲学の源流であり、哲学者ホワイトヘッドは「西洋哲学の歴史とはプラトンへの膨大な注釈である」といった。

本質と存在の融合が最高度に実現されるのは、まさに愛をとおしてのみである。

プラトン(プラトーン、希:Πλάτων、羅:Plato/Platon、紀元前427年 – 紀元前347年)は古代ギリシアの哲学者である。
ソクラテスの弟子でアリストテレスの師。プラトンの思想は西洋哲学の源流であり、哲学者ホワイトヘッドは「西洋哲学の歴史とはプラトンへの膨大な注釈である」といった。