恋愛と戦争では全ての行為が許される。

ヘルマン・ヴィルヘルム・ゲーリング(Hermann Wilhelm Göring 1893年1月12日‐1946年10月15日)はドイツの政治家、軍人。ナチ党政権下のドイツにおいて、ヒトラーの後継者に指名されるなど高い政治的地位を占めた。国会議長、プロイセン州首相、航空相、ドイツ空軍総司令官、四ヵ年計画全権責任者などを歴任。軍における最終階級は全ドイツ軍で最高位の国家元帥 (Reichsmarschall) である。