大切なのはどの本、どんな経験を持つべきかではなく、それらの本や経験のなかに自分自身の何を注ぎ込むかだ。

ヘレン・アダムス・ケラー(英: Helen Adams Keller、1880年6月27日 – 1968年6月1日)は、アメリカ合衆国の教育家・社会福祉事業家である。自らも重い障害を背負いながらも、世界各地を歴訪し、身体障害者の教育・福祉に尽くした。

自分の欠点を直視し認めることです。ただし欠点に振り回されてはいけません。

ヘレン・アダムス・ケラー(英: Helen Adams Keller、1880年6月27日 – 1968年6月1日)は、アメリカ合衆国の教育家・社会福祉事業家である。自らも重い障害を背負いながらも、世界各地を歴訪し、身体障害者の教育・福祉に尽くした。

一番大事なことは、どんな環境が必要かということではなく、どんな考えで毎日生活しているか、どんな理想を追い求めているか、ということなのです。一言でいえば、その人の人柄の問題なのです。次のアラビアの格言は素晴らしい心理を語っています。「汝の今いる所が汝の世界である」。

ヘレン・アダムス・ケラー(英: Helen Adams Keller、1880年6月27日 – 1968年6月1日)は、アメリカ合衆国の教育家・社会福祉事業家である。自らも重い障害を背負いながらも、世界各地を歴訪し、身体障害者の教育・福祉に尽くした。

人生は刺激に満ちた仕事ですが、最も刺激的なのは、人の為に生きるときです。

ヘレン・アダムス・ケラー(英: Helen Adams Keller、1880年6月27日 – 1968年6月1日)は、アメリカ合衆国の教育家・社会福祉事業家である。自らも重い障害を背負いながらも、世界各地を歴訪し、身体障害者の教育・福祉に尽くした。

友とともに暗闇を歩くほうが、明るいところを一人で歩くよりもいい。

ヘレン・アダムス・ケラー(英: Helen Adams Keller、1880年6月27日 – 1968年6月1日)は、アメリカ合衆国の教育家・社会福祉事業家である。自らも重い障害を背負いながらも、世界各地を歴訪し、身体障害者の教育・福祉に尽くした。

この世で最も素晴らしく最も美しいものは、目で見ることも手で触れることもできません。ただ、心で感じられるだけです。

ヘレン・アダムス・ケラー(英: Helen Adams Keller、1880年6月27日 – 1968年6月1日)は、アメリカ合衆国の教育家・社会福祉事業家である。自らも重い障害を背負いながらも、世界各地を歴訪し、身体障害者の教育・福祉に尽くした。

私たちができる限りの努力をするとき、私たちの人生、また他の人の人生に奇跡が起こることもあるでしょう。

ヘレン・アダムス・ケラー(英: Helen Adams Keller、1880年6月27日 – 1968年6月1日)は、アメリカ合衆国の教育家・社会福祉事業家である。自らも重い障害を背負いながらも、世界各地を歴訪し、身体障害者の教育・福祉に尽くした。

盲目であることは、悲しいことです。けれど、目が見えるのに見ようとしないのは、もっと悲しいことです。

ヘレン・アダムス・ケラー(英: Helen Adams Keller、1880年6月27日 – 1968年6月1日)は、アメリカ合衆国の教育家・社会福祉事業家である。自らも重い障害を背負いながらも、世界各地を歴訪し、身体障害者の教育・福祉に尽くした。

顔をいつも太陽のほうにむけていて。影なんて見ていることはないわ。

ヘレン・アダムス・ケラー(英: Helen Adams Keller、1880年6月27日 – 1968年6月1日)は、アメリカ合衆国の教育家・社会福祉事業家である。自らも重い障害を背負いながらも、世界各地を歴訪し、身体障害者の教育・福祉に尽くした。

心の優しさのあまり、困っている人を見ると、われ知らずにっこりと親切に話しかけ、手助けせずにはおられない人は、親切をするたびにうれしくてたまらず、そのうれしさが生き甲斐になっているのです。

ヘレン・アダムス・ケラー(英: Helen Adams Keller、1880年6月27日 – 1968年6月1日)は、アメリカ合衆国の教育家・社会福祉事業家である。自らも重い障害を背負いながらも、世界各地を歴訪し、身体障害者の教育・福祉に尽くした。