起こるかもしれないことを恐れてびくびくしながら無関心でいるより、半分はよくない結果に終わっても、いさぎよく大胆になって危険を冒すほうがいい。

ヘロドトス(Ἡρόδοτος Hēródotos 羅:Herodotus 紀元前485年頃 – 紀元前420年頃)は古代ギリシアの歴史家である。彼はドーリア系ギリシア人であり、小アジアのハリカルナッソス(現 ボドルム)に生まれた。また、今日まともな形で残っている最初の歴史書『歴史』を著したことによって「歴史の父」とも呼ばれる。

逆境には、人間のなかの強さや資質を引き出す力がある。逆境がなければ、それらはいつまでも眠ったままだ。

ヘロドトス(Ἡρόδοτος Hēródotos 羅:Herodotus 紀元前485年頃 – 紀元前420年頃)は古代ギリシアの歴史家である。彼はドーリア系ギリシア人であり、小アジアのハリカルナッソス(現 ボドルム)に生まれた。また、今日まともな形で残っている最初の歴史書『歴史』を著したことによって「歴史の父」とも呼ばれる。

莫大なる富を有するものは、しばしば不幸なり。中庸の財のみしか有さぬものは幸福に恵まる。

ヘロドトス(Ἡρόδοτος Hēródotos 羅:Herodotus 紀元前485年頃 – 紀元前420年頃)は古代ギリシアの歴史家である。彼はドーリア系ギリシア人であり、小アジアのハリカルナッソス(現 ボドルム)に生まれた。また、今日まともな形で残っている最初の歴史書『歴史』を著したことによって「歴史の父」とも呼ばれる。