基本となる物理理論をよく理解し、レースという極限状態での車の挙動を論理的に知ることは、いかなるドライバーにとっても運転技術の向上に結びつき、たとえ競技に参加しない人にとっても、路上における安全運転のために役立つに違いない。

ポール・フレール(Paul Frère 、1917年1月30日 – 2008年2月23日)は、フランス、ル・アーヴル生まれのベルギー人の自動車ジャーナリストで、1956年のベルギーグランプリで2位になるなど1952年 – 1956年にF1で活躍した。また1960年にはフェラーリ250テスタロッサで、同じベルギー人ドライバーオリビエ・ジャンドビアンとともにル・マン24時間レースに優勝している。