病気の女より、もっと哀れなのは捨てられた女です。捨てられた女より、もっと哀れなのは追われた女です。追われた女より、もっと哀れなのは死んだ女です。死んだ女より、もっと哀れなのは忘れられた女です。

マリー・ローランサン(Marie Laurencin, 1883年10月31日 – 1956年6月8日)は、20世紀前半に活動したフランスの女性画家・彫刻家である。