科学において、最も刺激的な響きがあり、新発見の先触れとなる言葉は、「ユリイカ(わかった!)」ではなく「変だな……」だ。

ミチオ・カク(加來 道雄、Michio Kaku、1947年1月24日 – )は日系アメリカ人(3世)の理論物理学者、作家。専門は素粒子論、とくに超弦理論。