未来への明確なビジョンがあり国家を動かす力を持つ指導者が敢然と進めば、歴史の流れは変えることができる。

リチャード・ミルハウス・ニクソン(Richard Milhous Nixon, 1913年1 月9日 – 1994年4 月22日)は、アメリカ合衆国の第36代副大統領および第37代大統領。

デタント政策を推進し、ソビエト連邦との核兵力の削減やベトナム戦争の終結、中華人民共和国との国交成立など平和主義に尽力し、また、環境保護局の設置などを通じ公害の抑制や環境保護にも力を注いだ。しかし、「ウォーターゲート事件」により第二次世界大戦後の大統領で最低の支持率を記録し、任期中に辞任した唯一のアメリカ大統領となった。

ほんの1分でいいから、定期的に「いちばん大切なことはなにか?」と自問するようにすれば、自分が定めた目標と摩擦するような選択をしていると気づくだろう。

リチャード・ミルハウス・ニクソン(Richard Milhous Nixon, 1913年1 月9日 – 1994年4 月22日)は、アメリカ合衆国の第36代副大統領および第37代大統領。

デタント政策を推進し、ソビエト連邦との核兵力の削減やベトナム戦争の終結、中華人民共和国との国交成立など平和主義に尽力し、また、環境保護局の設置などを通じ公害の抑制や環境保護にも力を注いだ。しかし、「ウォーターゲート事件」により第二次世界大戦後の大統領で最低の支持率を記録し、任期中に辞任した唯一のアメリカ大統領となった。

人間は負けたら終わりなのではない。辞めたら終わりなのだ。

リチャード・ミルハウス・ニクソン(Richard Milhous Nixon, 1913年1 月9日 – 1994年4 月22日)は、アメリカ合衆国の第36代副大統領および第37代大統領。

デタント政策を推進し、ソビエト連邦との核兵力の削減やベトナム戦争の終結、中華人民共和国との国交成立など平和主義に尽力し、また、環境保護局の設置などを通じ公害の抑制や環境保護にも力を注いだ。しかし、「ウォーターゲート事件」により第二次世界大戦後の大統領で最低の支持率を記録し、任期中に辞任した唯一のアメリカ大統領となった。