神は動物をつくる。人間は自分自身をつくる。

ゲオルク・クリストフ・リヒテンベルク(Georg Christoph Lichtenberg、1742年7月1日 – 1799年2月24日)は、ドイツの科学者、風刺家であり、親英家として知られていた。科学者としては、ドイツで初の実験物理学専門の教授となった。今日では、死後に発見されたノートでよく知られている。そのノートを彼自身は Sudelbücher と呼んでおり、これはイギリスの簿記用語 “waste books”(取引日記帳)を元にしている。また、樹状の奇妙なパターンを発見したことでも知られており、今日ではそれをリヒテンベルク図形と呼ぶ。

欲望を持つことが少なければ少ないほど幸福になるだろう。という言葉は昔から言われているが、しかし非常に間違った真理である。

ゲオルク・クリストフ・リヒテンベルク(Georg Christoph Lichtenberg、1742年7月1日 – 1799年2月24日)は、ドイツの科学者、風刺家であり、親英家として知られていた。科学者としては、ドイツで初の実験物理学専門の教授となった。今日では、死後に発見されたノートでよく知られている。そのノートを彼自身は Sudelbücher と呼んでおり、これはイギリスの簿記用語 “waste books”(取引日記帳)を元にしている。また、樹状の奇妙なパターンを発見したことでも知られており、今日ではそれをリヒテンベルク図形と呼ぶ。

多くの人間は、他人のことにも自分自身のことにも気を使わなければ、さぞ幸福に暮らせることであろうに。 

ゲオルク・クリストフ・リヒテンベルク(Georg Christoph Lichtenberg、1742年7月1日 – 1799年2月24日)は、ドイツの科学者、風刺家であり、親英家として知られていた。科学者としては、ドイツで初の実験物理学専門の教授となった。今日では、死後に発見されたノートでよく知られている。そのノートを彼自身は Sudelbücher と呼んでおり、これはイギリスの簿記用語 “waste books”(取引日記帳)を元にしている。また、樹状の奇妙なパターンを発見したことでも知られており、今日ではそれをリヒテンベルク図形と呼ぶ。

結婚とは、熱病とは逆に、発熱で始まり悪寒で終わる。

ゲオルク・クリストフ・リヒテンベルク(Georg Christoph Lichtenberg、1742年7月1日 – 1799年2月24日)は、ドイツの科学者、風刺家であり、親英家として知られていた。科学者としては、ドイツで初の実験物理学専門の教授となった。今日では、死後に発見されたノートでよく知られている。そのノートを彼自身は Sudelbücher と呼んでおり、これはイギリスの簿記用語 “waste books”(取引日記帳)を元にしている。また、樹状の奇妙なパターンを発見したことでも知られており、今日ではそれをリヒテンベルク図形と呼ぶ。

墓は、運命の嵐を防ぐ最良の砦である。

ゲオルク・クリストフ・リヒテンベルク(Georg Christoph Lichtenberg、1742年7月1日 – 1799年2月24日)は、ドイツの科学者、風刺家であり、親英家として知られていた。科学者としては、ドイツで初の実験物理学専門の教授となった。今日では、死後に発見されたノートでよく知られている。そのノートを彼自身は Sudelbücher と呼んでおり、これはイギリスの簿記用語 “waste books”(取引日記帳)を元にしている。また、樹状の奇妙なパターンを発見したことでも知られており、今日ではそれをリヒテンベルク図形と呼ぶ。

恋は人を盲目にするが、結婚は視力を戻してくれる。

ゲオルク・クリストフ・リヒテンベルク(Georg Christoph Lichtenberg、1742年7月1日 – 1799年2月24日)は、ドイツの科学者、風刺家であり、親英家として知られていた。科学者としては、ドイツで初の実験物理学専門の教授となった。今日では、死後に発見されたノートでよく知られている。そのノートを彼自身は Sudelbücher と呼んでおり、これはイギリスの簿記用語 “waste books”(取引日記帳)を元にしている。また、樹状の奇妙なパターンを発見したことでも知られており、今日ではそれをリヒテンベルク図形と呼ぶ。